フレッツ光に回線を利用してみた。

現在最も速いと言われている光回線に乗り換えてみた。以前はWiMAXやLTEといった高速モバイル通信端末を自宅でも使っていたのだが、WiMAXの場合は最高で約10Mbps程度、LTEの場合は約15Mbps程度の実測しか出ていなかった。 特にインターネットビジネスを展開している私としては、このような速度では正直物足りないそこで、新しくフレッツ光を導入することにしたわけだ。 回線業者と契約の手続きが完了すると、1週間ほどで業者が自宅にやって来てくれ、回線工事を行ってくれた。そして、その当日のうちに光回線を利用してインターネットに接続することができた。 実際に使ってみると、今まで使っていた高速モバイル通信と比べ、はるかにスピードが速い。大手動画サイトなどの動画を見る際には、自動的に画質が切り替わるのか以前見ていたものよりもだいぶ綺麗に表示されるようになった。 さらに、インターネットから何かファイルをダウンロードする際には、そのほとんどのファイルが数秒のうちにダウンロードが完了する。これほどまでに快適とは正直思わなかったため、乗り換えて良かったと感じている。 その他にフレッツ光回線の場合は充実したサポートを受けることができ、独自のサービスを利用することも可能である。人それぞれインターネットに求めることは違ってくるが、速さと便利さと安心を求めるならばフレッツ光が良いだろう。最近は料金もリーズナブルになり、使いやすくなっている。

フレッツ光のメリット

フレッツ光は、従来の回線手段であるアナログ回線やISDN回線もしくはADSL回線よりも、回線の速さがそうとう速くなっており、しかも従来の光以外の有線の回線手段とくらべても、全体的に安定性も高くなっているところがメリットです。フレッツ光の回線速度は、通常回線においては最大100メガ、高速回線にすると最大1000メガ(1ギガ)となっており、通常回線であったとしても、光以外の従来の有線回線の回線速度とは比較にならないほど速くなっています。しかも従来の有線回線と比べると、回線の安定性も高く、何十メガといった速い回線速度を常に安定的にキープすることができます。フレッツ光とセットでついているサービスに「ひかり電話」というサービスがありますが、この「ひかり電話」は光回線サービスと同時に利用することによって、固定電話の料金もリーズナブルになり、インターネットと固定電話を両方使うかたにとっては、結果的に通信料金全体のコストを抑えることができるようになります。光回線は料金が高いというイメージもありますが、このように電話とインターネットをセットで組み合わせたサービスということを考えると、決して高くつくというものではありません。むしろ、インターネット回線の機能が上がり、電話料金も高くならない、しかも電話やインターネット等の通信機能の安定性は抜群、これらのことを考えれば、コストパフォーマンスはむしろ高く、それでいて電話やインターネットの機能も大幅に向上する、そういったメリットをたくさん持っているのが、光なのです。

フレッツ光の良い所を紹介

インターネットをやっているとどうしても回線の速さが気になります。今の時代、企業が作っているホームページというのは、昔に比べたらどこも高容量のものばかりです。昔から使っている回線を使い続けていたのではホームページをロードするのが遅くなって行くのです。そこで今の時代は光回線です。光回線では、これまでの回線より大容量のデータを送受信することが出来ます。特におすすめはフレッツ光です。私自身も契約しています。まず勧める理由は初めての申し込みで、回線工事にかかる金額が割引になるからです。また何と言ってもその回線容量です。最大200Mbpsという大容量の高速インターネットが可能になります。これだけあれば、パソコンのスペックさえ悪くなければインターネットも快適に出来ます。また、にねん割りといって月額利用料が2年間割引されるようになります。この割引分は工事費と同額分なので実質工事費0円なのです。その他にはひかり電話にすると、番号が今とそのままで電話機本量525円~と料金がお得になります。これは基本料金が固定電話の3分の1なので大変お得です。固定電話の番号がそのまま使えるため銀行や会社への登録変更が不要で導入が簡単です。また大容量をやり取りできるフレッツ光ならではのフレッツテレビが682.5円という値段で入会できます。このフレッツテレビでは地デジ・BSデジタルが見られます。このように様々な利点があるためフレッツ光はおすすめです。